のんほいラボ | 新城こどもプログラミング教室

新城駅前の子供プログラミング教室「のんほいラボ」を運営している藤本忍(ふじもとしのぶ)です。令和3年度より新城市ICT支援員も。その他、奥三河の情報発信や農業、ラジオでお喋りしたり福祉の現場などお仕事は色々。愛犬の梅さん、セキセイインコの飼育と繁殖に愛と情熱を注いでいます。

立ち上がれ、ふるさと ― 東三河政令指定都市構想

<本書パンフレットより>

初めて大量3千丁の鉄砲が使われた長篠の戦いで有名な長篠(奥三河中山間地域)を昭和32年(1957年)に巣立った団塊世代の三人、その恩師であり戦後一貫して教鞭をとってきた教師、武田勝頼が本陣を敷いた医王寺住職。5人が万感を込めてそれぞれ人生をふりかえり未来を語り合い、到達した地域活性化構想の対談集。 このまま、日本の農山村を限界集落から朽ち果てさせてしまってよいのか、東日本大震災原発災害と国難のなかで、日本をどう再生させるのか。本書では、この地域においては、「東三河政令指定都市構想」を提唱したが、全国の自治体職員及び、住民・市民必読の書といえよう。 明治維新、太平洋戦争の敗戦、三度目の現在の国難からの脱出、その処方箋はひとつ、ふるさと思う心を再生し、ふるさとを発展させる「ふるさと意識」に回帰し、未来を語り合うことではなかろうか。 本書では、郷土史論、民俗芸能論、教育論、地域産業論、農業論、地域活性化論、地方行政論、ふるさと応援隊論、ふるさと納税論、道州制論、徳川時代論、日本文化論、日本経済論、日本型経営論、日本政治論・正義論が縦横無尽に論じられている。


<関連記事>

ふるさと学 山の舟歌・第2章(新城市長ブログ) http://tomako.dosugoi.net/e210671.html 『立ち上がれ、ふるさと』 日本一の受付嬢&受付坊をめざして http://machinami.dosugoi.net/e219737.html


<書籍情報>

立ち上がれ、ふるさと 東三河政令指定都市構想 穂の国と豊川を超えて 日本の真ん中に位置する「東三河」が持つ潜在能力を実現させたい! 「東三河」をこよなく愛す5人が「ふるさとよ、かくあれ」と語った一冊です。 著者:林 正雄・伊藤 利男・梶村 太市・松井 光広・横山 良哲/著 出版社:日本加除出版  判型:A5判 ページ数:224頁 発刊年月:2011年7月 定価:2,100円 (税込) ISBN/ISSN:978-4-8178-3927-5 日本加除出版ホームページ http://www.kajo.co.jp/book/40429000001.html ※こちらからオンラインでも購入できます %E7%AB%8B%E3%81%A1%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8C%E3%80%81%E3%81%B5%E3%82%8B%E3%81%95%E3%81%A8.pdf FAX用の注文用紙はこちら(PDF: 481KB) ※注文用紙は新城まちなみ情報センターにも置いてあります。