のんほいラボ | 新城こどもプログラミング教室

新城駅前の子供プログラミング教室「のんほいラボ」を運営している藤本忍(ふじもとしのぶ)です。令和3年度より新城市ICT支援員も。その他、奥三河の情報発信や農業、ラジオでお喋りしたり福祉の現場などお仕事は色々。愛犬の梅さん、セキセイインコの飼育と繁殖に愛と情熱を注いでいます。

プレ市民総会

日曜日、自治基本条例検討会議主催による「プレ市民総会」が新城文化会館で行われました。 2011%E5%B9%B410%E6%9C%8831%E6%97%A5%E3%83%97%E3%83%AC%E5%B8%82%E6%B0%91%E7%B7%8F%E4%BC%9A.pdf 当日配布された資料はこちら(PDF: 2580KB) 市民、議会、行政が一体となって行う『市民総会』の制度化に向けての第一歩となります。 来たるべき市民自治社会に向け、今後は定期的にこういった話し合いの場が作られていくものと思います。  

会場は無作為に選ばれた市民の方や公募の方、行政区長、市役所関係者、市議会議員、 そして自治基本条例検討会議の委員など、開始時間前から多くの人々で満席に。 新聞記者さんやテレビのカメラも入って、会場は熱気でムンムンでした。 第一部は、「若い世代の意見発表」ということで 中学生の最優秀賞に選ばれたのが「座れる町」という作文。 受賞した鳳来中学校3年の松下くん本人による朗読が行われました。 次に、高校生によるまちづくり提案ということで、 新城東高校の生徒会メンバーによるプレゼンテーションが行われました。 松下くんの作文も、新東生徒会の発表も、「大人顔負け」どころではなく、 大人たちが思いつきもしなかったような視点からの素晴らしい提案、発表に 会場の皆さんは真剣な表情でしきりに頷きながら聞き入っていました。 「座れる町」(新城市長ブログ) http://tomako.dosugoi.net/e267942.html 第二部からは「市民総会」ということで、実際に議会、市民、市長 それぞれからの活動報告が行われました。 まずは議会から丸山隆弘議員による議会改革特別委員会として 10月から施行された議会基本条例についての説明が行われました。 新城市議会基本条例を制定しました(新城市ホームページ) http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/7,24737,122,824,html 次に、市民から新城市自治基本条例検討会議の前澤このみ委員長より 「市民が主役のまちづくり条例(仮称)」についての説明が行われました。 自治基本条例(新城市ホームページ) http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/6,0,181,html 最期に穂積亮次新城市長より新城市で進めている地域自治区制度についての説明が行われました。 総合計画(新城市ホームページ) http://www.city.shinshiro.lg.jp/index.cfm/7,0,161,680,html 会場では司会者からの質問に対して赤と青のパネルを使って答えたり、 遊び心もいれながら、和気あいあいとしつつも真剣な意見交換が行われていました。 今回、このような場に初めて来られた方も多くおられましたが、 それでも積極的に自分の意見を述べられていて、 皆さんの新城に対する熱い想いが伝わってくるようでした。 市民と行政、議会が同じステージに集まり、新城市の将来に向けての話し合いをするという 新城市初の試みとして行われた今回のプレ市民総会でしたが、 何だか「プレ」にしてしまうには勿体無いくらい、 素晴らしく有意義で中身の濃い話し合いが行われたと思います。 「新城の未来は明るい!」という確信を持てた一日でした。