のんほいラボ | 新城こどもプログラミング教室

新城駅前の子供プログラミング教室「のんほいラボ」を運営している藤本忍(ふじもとしのぶ)です。令和3年度より新城市ICT支援員も。その他、奥三河の情報発信や農業、ラジオでお喋りしたり福祉の現場などお仕事は色々。愛犬の梅さん、セキセイインコの飼育と繁殖に愛と情熱を注いでいます。

おでん会に向けて

毎年、我が家のおでんで使う練り物はいつも既成品です。 それでも十分美味しいと思うのですが、 練り物って意外と簡単に作れるらしい?と聞き、 試しに一度作ってみることにしました。 スーパーで買った、何の変哲もない白身魚(真たら) しばらく冷凍庫に入れて、よくよく冷やしておきます。 これをフードプロセッサに投入し、すり身にします。 砂糖、塩、片栗粉などの材料を入れ、 さらに混ぜているといい感じに粘りが出てきます。 適当な分量を手にとってコネコネ丸めます。 残り半分は人参、玉ねぎを刻んで入れてみました。 これを低めの油に投入し、じっくり揚げてやります。 すげーウマそうじゃないですか!? 思ったよりも簡単に完成しました!! 今回は試しに作ってみただけなので おでんじゃなくて揚げたてをそのまま 生姜醤油に付けていただきます♪ こりゃ美味しい!! 程よい白身の弾力と風味がたまりません。 そしてビールが止まりません(笑) これで練り物自体は簡単に作れることがわかったので、 次回は中に入れる野菜などの具にこだわっても 面白いかなと思いました。 おでんに投入する日が、楽しみだ・・・(^O^)