続・奥三河路線バスの旅 ~したらダムカレーを求めて~【みるく編】

奥三河のグルメ

前回 ⇒ 奥三河路線バスの旅 ~したらダムカレーを求めて~
前々回 ⇒ 【200円でどこまでも♪】新城市Sバスでぶらり旅


毎回、各所で好評の「奥三河路線バスの旅」
今回はパーティーに真由子さんを加えてさらにパワーアップ!
設楽町まで路線バスに乗って「したらダムカレー」を食べに行ってきましたよ🍛

今回のスタート地点はJR新城駅から徒歩3分。
「新城栄町・新城駅口」からです。定刻通りにやってきた田口行きのバスに乗り込みます!

バス旅行の醍醐味は、やっぱり車内での楽しい時間!
自分で運転する必要がないので、おやつを食べたり外の風景を楽しんだりお喋りしたり。
気がつけば、あっという間に最初の目的地、田口に到着しました。

ここ田口を基点に乗り換えをしたいのですが、次のバスが来るまで約50分。
この待ち時間を利用して設楽町役場に向かいます。

やってきたのは設楽町役場内にある設楽町観光協会。
アポ無しでの突撃にも快く笑顔で迎えて頂いた美由紀さんに感謝です!!😆

ここでのお話も楽しくてとても盛り上がり、名残惜しいですがバスの時間があるので後ろ髪引かれる想いで、役場を後にします。

田口から「おでかけ北設 稲武線」のバスに揺られること20分。
今回の目的地、「ペンションみるく」に到着です。

これまでに自家用車で何度か訪れたことはありますが、バスで来たのはもちろん初めて!

さっそく今回の目的である「したらダムカレー」をいただきます🍛

設楽町内7つのテンポで提供されている「したらダムカレー」は、地元の食材を使用したオリジナルのカレーをダム堤体模型と皿で食べられるのが特徴です。

ここ「みるく」さんで提供されるカレーの特徴は「鹿肉のカツ」「地元産の野菜」「とましーなちゃんを型どったハッシュドポテト」など色々ありますが、なんと言ってもこのハッシュドポテトが素晴らしい!

とましーなちゃんのデザインが忠実に再現されたハッシュドポテトはもちろん、しいたけの傘(柄はフライドポテト)、頭のミニトマトの飾り。どれをとっても大変なこだわりと、とましーなちゃんへの愛に満ち溢れています。

食べるのがもったいないと思いつつ、ありがたく口に運びます。もちろん味も抜群にうまい!!

食後はクリームソーダ(イチゴ、メロン)ミルクセーキ(自家製)などを楽しみつつ、どうにも我慢できなくて鉄板焼きのスパゲティも食べてしまいました(笑)

「みるく」さんはカレーだけでなく季節の食材を使った料理から定番のメニューまでどれも美味しいので、正直一度や二度では全てを楽しむことが出来ません。何度もリピートしてみたい魅力たっぷりのお店なのです♫

ペンションみるく
http://www.milk-inc.jp/

【営業日】月・水・木・金・土・日
【営業時間】9:00~20:00
【休業日】火
【ダムカレーの提供日】営業日
【ダムカレーの提供時間】10:00~20:00
【ダムカレー予約有無】予約不要
【提供数(1日)】限定無し(なくなり次第終了)
【販売予定価格】990円(税込)

お腹も心も満たされて大満足の私たちは、定刻通りにやってきた田口行きのバスに乗り込んで帰路につきます。

田口でのバスの乗り換え待ち時間(25分)
関谷醸造さんのお店で、お土産のお酒を購入します。
帰宅してからの晩酌が楽しみである🤤

たまたまお店にいらっしゃった関谷社長にもお会いできてラッキーでした😍

前回のバス旅に引き続き、今回も重宝したのがこの「豊鉄バスお買い物回数乗車券」

平日の10:00~16:00まで、または土日祝の終日のみといった使用制限があるものの、2,900円分のチケットが2,000円で購入できる超お得な回数券なのです。その場で運転手さんから購入することも出来るので、バス乗車の際はぜひご活用ください。

詳しくはこちらをご参考に☺
 ↓
おトクな回数券・定期券/豊鉄バス株式会社
https://www.toyotetsu.jp/rosen/commuter-pass.html

というわけで、今回もとても楽しかった路線バスの旅。
季節を感じる車窓からの風景、町の空気、人のぬくもり。
自家用車で行くのとは全く違う視点で奥三河の魅力を体感できます。

まだまだ行きたいところはたくさんあるので、今後もちょくちょくブログにアップしていきたいと思います。

【公式】愛知県設楽町の観光サイト
「設楽町観光ナビ」
https://www.kankoshitara.jp/

ちなみに今回の旅行の行程はこんな感じ。
相変わらずNAVITIMEのバスルート検索は秀逸です。

あらゆる路線バスの時刻はもちろん、なかなか分かりにくいバス停の位置まできちんと教えてくれる、バス旅必携のアプリです。月額400円も決して高くない!!(2ヶ月無料体験もできるようです)

【公式】NAVITIME(ナビタイム)
http://products.navitime.co.jp/service/navitime/

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました