ネット社会の落とし穴

今日は、舟着小学校で行われたPTA講演会を覗かせていただきました。
「ネット社会の落とし穴」と題して、
愛知県警察本部サイバー安全対策室の方を講師に迎えての講演です。

IMG_0858

私は今、新城市まちなみ情報センターの指定管理業務に携わる側ら、
新城市地域ITリーダーというボランティアのメンバーの一人として
毎月行われる市民パソコン塾の講師をさせていただいています。

そんな中で日々感じていること、考えている事を思い出しながら、
講演を聞かせていただきました。1時間という限られた時間ではありましたが、
具体的な事例と共に、大変参考になるお話が聞けました。

IMG_0860

やっぱり思うのは、大人はもっとインターネットの世界を勉強しなきゃいけないってこと。

実際に今の子供がネットの中でどんな使い方をしているのか、どんな遊びがあるのか、
見てみなきゃ分からないし、そこにどんな問題が潜んでいるのかなんて分かるはずもない。

ネットに繋がない、単なる「電子計算機」「電話機」としてなら、子供に好きに使わせればいいです。

でも、インターネットに接続されたパソコンやケータイなんてのはエンジン付いた自動車と
何ら変わらない代物ですよ。とても便利な反面、使い方を間違えれば大けがをするし、
へたすりゃ死ぬし、また他人に被害を及ぼすことだって多々あるわけです。
車には免許制度があるけど、パソコンや携帯にはそれがない。
今の世の中は、無免許の子供が好き勝手に車で走り回っているようなもんです。
見ていると本当にヒヤヒヤものです。危ないなんてもんじゃない!!

彼らは「道交法」を無視してるんじゃなくて、初めっからそんなものを知らないんです。
だから子供たちは子供たちだけの世界でネットを遊び場として好き勝手にやってる。
しかし「ネット社会」というのは「世の中」そのものであって、そこには「法律」というものがある。

その結果、「業務妨害」だとか「詐欺」に「不正アクセス禁止法違反」なんてビックリするような
名前の罪状を持ってお巡りさんが家にやってくる、なんてことになるわけですよ。
 
 
 
 
ああいかん、なんか際限なくどんどん長くなりそうなので、この辺でやめとく(笑)

とりあえずこの問題については色々と語りたいことがありますので、
もう少しちゃんとまとめてから、どこかで発表できればと思っています。
今は一生懸命文章を書きためてまとめているところなのです・・・。

ネット社会の落とし穴” に対して1件のコメントがあります。

  1. さきパパ より:

    私も、「大人はもっとインターネットの世界を勉強しなきゃいけない」と思います。
    しかし、娘(今小学3年生)にとっては、「インターネットに接続されたパソコンやケータイ」は、「エンジンの付いた自動車」ではなく、「単なる自転車」です。
    自転車でも最初乗るには、訓練が必要ですし、交通ルールを守って注意して公道を走らなくてはなりません。
    娘のさきちゃんも、私のみようみまねで、パソコンを使い始めました(3、4歳くらいから)。当時は当然キー入力はできませんので、Web画面をクリックして遊ぶだけでした。今は自分からキー入力のためにローマ字を習い、学校の宿題にもインターネットを利用しています。
    自宅のパソコンには娘のアカウントを作っています。そして最初に、インターネットを使う上での注意点をごく簡単に教えました(分からないことをきちんと聞くことも)。
    最初は、心配で多少使用権限を制約したりしていましたが、すぐそれは不要だと分かりました。
    さきちゃんはジュニアケイタイももっていますが、きちんと最初に取り決めたルールを守って使ってくれています。
    ・制限された(登録された)番号以外には電話しない(出来ないようになっている)
    ・メールも同様
    ・ネットは一定の範囲内で使用できる設定になっているが、使用しないこと
    さきちゃんは、ルールを守ってきちんと自転車に乗れます。そして私もさきちゃんとサイクリングを楽しんでいます。
    長文失礼致しました。

  2. 藤本忍 より:

    さきパパさんへ
    コメントありがとうございます。パソコンやケータイは、ネットに繋がっている以上、
    自転車ではなくて自動車だと思いますよ。だって「やろうと思えば」何でもできる環境ですから。
    でも、さきパパさんの家では、親子でしっかりと「ルール」を定めているのが素晴らしいですね!
    もっと経験を積んで行けば、いずれは自転車からバイク、自動車へとステップアップできますしね。
    さきパパさんのコメントを読んでいたら、とても理想的なご家庭だなぁと感じました。
    世の中の親御さんが、みんなさきパパさんのご家庭のようなネット利用をしていれば、
    ここまで深刻な社会問題にはなってきていないと思います。
    情報センターには、毎日のように多くの子供がパソコンを使いにやってきますが、
    「この子の親はきっと子供のネット利用に無関心なんだろうな・・・」と思わされることが多々あります。
    いわゆる有害情報、違法コピーなんかを、私たち大人が見ている前で堂々とやってるんですから。
    (もちろんフィルタリング等の対策はしていますが、万能ではないので見れてしまう事も多いのです)
    彼らは、そういうのが「悪い事」だって知らないんですよ。
    私は子供のネット利用を制限すべきではないと思いますが、
    それは好き勝手に使わせていいということではありません。
    「子供の方が詳しいから」と、子供に与えるだけ与えて
    自分は関心をもたない親こそ、全ての問題の元凶だと考えています。
    う~ん、やっぱりこの問題は手短に書こうと思っても長くなる(^_^;

  3. さきパパ より:

    う~ん、やっぱりこの問題は難しいということは同感です。
    でも、やはり、若い人にとっては、ネットやケイタイは空気みたいなものだと思うのですが・・・
    どんな道具も使う人次第だと思いますが、やはりご指摘の通り、大人の方が対応できてないのは確かだと思います。
    今や子供が普通に外出しても、親としては、いろんな意味で心配な世の中ですし・・・

この投稿はコメントできません。